pageimg

講習案内

取得時講習 免許センターで運転免許試験に合格された方の講習です。  

講習内容

応急救護処置【心肺蘇生法・体位管理・止血法等】3時間

普通自動車 【高速道路の知識と運転・危険を予測した運転】4時間

自動二輪車 【所内での運転・危険予測・ケーススタディー等】3時間

上記の講習を行います。

講習料金(証紙代)

応急救護講習
3,900円
普通自動車
9,800円
大型自動二輪車
12,300円
普通自動二輪車
AT小型限定自動二輪車
12,000円

講習に必要なもの

仮運転免許証(普通車講習の方)

免許試験に合格した事を証明する書類

筆記用具

二輪車の方は長袖・長ズボン・ヘルメット・グローブ等

注意事項

当日の受付は講習開始の10分前までに受付を済ませてください。必要なものを忘れた場合および開始時間に遅れた場合は講習を受けることができません。

講習にふさわしい服装・履物でお越しください。ハイヒール・サンダル・下駄等は講習を受けることができません。

ご不明な点がございましたら窓口までご連絡ください。

高齢者講習・認知機能検査 

講習対象者

運転免許証の更新期間の満了する日における年齢が70歳以上で免許証の更新をされる方。

受講期間

更新期間の満了日の6ヶ月前から受講することができます。
※事前申込が必要です。開始時間は予約時にお知らせいたします)
予約が大変込み合う場合がございますので、案内ハガキが届きましたらすみやかに申込していただくようお願いいたします。

高齢者講習内容

70歳以上、75歳未満の方
・双方向型講義(30分)
・運転適性検査機材の使用による診断と指導(30分)
・実車による診断と指導(60分)

75歳以上の方 (認知機能検査の結果に基づいて行われます)
①双方向型講義(30分)
②運転適性検査機材の使用による診断と指導(30分)
③実車による診断と指導(60分)

④個別指導(60分)

※認知機能検査で、記憶力、判断力に心配がないとされた方、2時間の講習(上記①、②、③を受講)
   認知機能検査で、記憶力、判断力に低下がみられた方、3時間の講習(上記①、②、③、④を受講)

75歳以上の方は認知機能検査を行います(認知機能検査と高齢者講習は別日に行われます)

認知機能検査内容

75歳以上の方は、高齢者講習を受講する前に認知機能検査を受けなければなりません。
記憶力や判断力を測定する簡易な検査で、3つの検査項目について、筆記式で行います。
※検査は30分程度で終わります。検査終了後、後日、受けていただく高齢者講習の予約をお取りします。

検査・講習手数料(証紙代)

70歳以上、75歳未満の方
2時間の講習を受講される方
3時間の講習を受講される方 認知機能検査
(75歳以上の方)
4,650円
7,550円
650円

お持ちいただくもの

運転免許証

通知書

手数料

眼鏡・補聴器等

ヘルメット・手袋等(二輪で受講される方)

  

講習終了後、高齢者講習終了証明書を発行いたします。免許更新の際に高齢者講習終了証明書を提出してください。


講習を受講しても運転に支障のある状況等が認められた場合には、免許の更新が受理されない場合があります。

ご不明な点がございましたら窓口までご連絡ください。


ページ上部へ